プロフィール

駄夢Do

Author:駄夢Do
こじらせた・・・こじらせ過ぎたんや・・・!
ヲタク歴:人生の半分以上。
そろそろ足を洗おうとして気付いたんだ・・・ここは元々底なし沼だった、って、ね・・・。

最新記事

最新コメント

ぷにりすと

あなたは
ぷにです。

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ2.3年すっかりコスプレからも遠ざかり、薄い本買ったり出したりのヲタクな経済活動からも遠ざかり、せいぜいニチアサのスーパーヒーロータイムを録画で見たり、某レンタルショップで日本むかしばなしと気になってた作品やアニメをレンタルしたり漫画をまとめてレンタルしてきたりする程度のヲタクとして微妙な日々を過ごしていたワタクシだむこ。
PS3はすっかりDVD再生&トルネでの録画機器になってるし、PSPも電池切れて充電されることなくハンターランクが動かざること山の如しそういえば新作ってPSPじゃないんだっけ?

もうコレでガチヲタから足を洗うのね、中一でドラゴンボー○にハマッて以来ずっと歩いてきたヲタ道をついに降りる時がきたのね。


普通のアラサーに戻ります



そんな日々が去年某snsでの奇跡の出会いで妄想一色になって一年くらいですヒャッハーーーーーーーーー!!!


高校生の頃大好きで大好きで単行本探し回っていた作品、「夢やしきへようこそ」
少女漫画読まなかったワタクシがミステリーとホラーにつられてたまたま手に取った雑誌(ミステリーGOLDという雑誌で連載されていました)で出会った作品です。


心優しいおばけ達の旅芸「夢やしき」一座とその座長である「兄さん」、そして彼らに慈しみ育てられている人間の子、「勇ちゃ」こと勇太を軸に基本的に一話完結のストーリーです。舞台は明治~昭和初期と鎌倉室町平安、神代まで。クスッと笑えたり考えさせられたり。
そしてバスタオルください…っ!!!てなるほど号泣したり。

ワタクシはこの「兄さん」が大好きで大好きで大好きでもう兄さんヒャッハぁあァアァァぎゃあぁあ!!!と毎日萌え叫んでおりまして。

おかげで一度は足洗いかけたヲタの道に帰ってまいりましたっ(^^ゞ

「萌えを形にする」事の楽しさを思い出したワタクシ、もう毎日ペソペソとスキあらば落書き。
そんでもって去年から公認FCにも参加させていただいてまして。
しまい込んでたトーンやら原稿用紙やら引っ張り出して買い足して、こんなカンジに原稿描いてました~



赤根丸/夢やしきへようこそ




那智王/夢やしきへようこそ


最近ペンタブでのデジタルお絵描きばかりしていたんですが、やっぱりアナログ楽しいー!!
絵を描いてなかったブランクもあって絵柄がブレまくるんですがそれも楽しい。

以前みたいにイベントでコスプレしたりすることは今後少なくなる・・もしくはなくなるかもしれませんが、書き手としては少しずつ復活していこうかと。
やっぱり大好きな事に夢中になってるのは楽しいし充実してますからね!

アラサーな現在、あの高校生の頃の情熱がふつふつとわき上がりすぎて廃人状態です。
夢にまで見るわ妄想スイッチ常にONだわ・・・もうマジで高校生に戻ったくらいの妄想突進力を発揮してますよ~。

心なしか肌ツヤ良くなって体重もほんのり減ってきたwww
やっぱコレですよ


萌えは万能のエリクシル





こちらから電子書籍版の試し読みができます

「夢やしきへようこそ」

さちみりほ先生の現在の連載作品
ローゼリア王国物語
薔薇の王国「ローゼリア」を舞台に、女王ローゼリアの恋と成長の物語。
懐かしい少女漫画の雰囲気でギャグも織り交ぜつつ、ほんのり風刺もあったり。
なにより美麗な男性だらけです★
ワタクシの推しメンはシリウス王国のプロデュースやプロパガンダ、女王のヘアメイクから演出に至るまで完璧にこなすオネェ言葉のイケメン。

あ、「薔薇の王国」って言っても植物の方の薔薇ですから!
植物の方の薔薇ですから!植物の方の薔薇ですから!

大事な事なので最後は紫の強調文字で主張しときました。

別にエルナン(♂)が女王の幼馴染でもあるルミナス(♂)に愛されてるようにしか見えないとかっていうかエルナン(♂)受Kくさいとかべつにげふんげふん。

純粋に少女漫画が好きな方も、腐な女子にもオススメです~

ああ・・・萌え語りたい・・・・!

スポンサーサイト

<< みぃたん! | ホーム | 後日談~11/8 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。